仏事|相談|窓口|相談窓口|お葬式|葬儀|終活|事前相談|家族葬|葬儀場|法要|お供物|株式会社 オームラ | 福井県福井市 |永平寺|

qrcode.png
http://kk-oomura.co.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

株式会社 オームラ
〒918-8004
福井県福井市西木田3丁目4番33号
TEL.0776-35-1253
FAX.0776-35-1273

──────────────────
・葬儀関連
──────────────────
 

ご遺族の方【挨拶文例集】

         
 

挨拶のポイント

挨拶のポイント
 
感謝の気持ちを表すことが大事です。
葬儀・葬式では、遺族の立場としてご参列していただいた方々に挨拶をする場面が多くあります。しかしながら悲しみの中、自分の言葉で挨拶をすることは、とても難しいものです。平静な状況ではありませんので、型どおりの短い挨拶でも構いません。但し、参列してくださった方々への感謝の気持ち・故人が生前お世話になったことへの感謝の気持ちを表すことが大事なのです。
オームラでは、一般的なご挨拶文例をご紹介しておりますので、参考にしていただければ幸いと存じます。
 

死亡の連絡をする時

死亡の連絡をする時
 
故人の勤務先へ連絡する場合
日頃は、いつも○○がお世話になっております。
 
わたくし○○の家内でございます。
 
実は、主人が○日に死去いたしましたので、お知らせいたします。
 
通夜は○日○時より、葬儀は○日○時より、○○(場所)で執り行います。
 
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
 
同僚や関係先の場合
いつも○○がお世話になっております。
 
実は、主人が○日に死去いたしましたので、お知らせいたします。
 
通夜は○日○時より、葬儀は○日○時より、○○(場所)にて執り行います。
 
お手数ですが、関係者の方々へのご連絡をお願い致します。
 
どうか皆さまに宜しくお伝えください。
 
ご近所の場合
○○でございます。実は、主人が○日に死去いたしましたので、お知らせいたします。
 
通夜は○日○時より、葬儀は○日○時より、○○(場所)執り行います。
 
しばらくの間、皆さまには何かとご迷惑をお掛けするかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
 
学校や保育園・幼稚園の場合
いつもお世話になっております。
 
○年○組の○○の(母・父)でございますが、○○が○日に亡くなりました。
 
○日まで学校を休ませますので、どうぞ宜しくお願い致します。
 

通夜での挨拶

通夜での挨拶
 
弔問客への対応
本日はお忙しいところ、お越しいただき誠にありがとうございます。
 
生前は、○○が大変お世話になりました。
 
○日○時に、静かに息をひきとりました。お陰さまで、たいへん安らかな最後でございました。
 
喪主の挨拶(例1)
本日はご多用にもかかわりませず、故人の為にお通夜のお焼香を賜りまして、誠にありがとうございます。
 
故人もお集まりいただきました皆さまに温かく見守られまして、喜んでくれていることと思います。
 
別室に、ささやかではございますが粗茶などを用意いたしておりますので、どうぞお召し上がりながら故人の
 
ありし日のことなどをお聞かせいただければと存じます。
 
なお、明日の葬儀・告別式は○時~○時となっております。今晩は、本当にありがとうございました。
 
喪主の挨拶(例2)
本日はご多用中、○○の通夜にご参列を賜りまして誠にありがとうございました。
 
また、ご丁重なるご香典、お供物等をいただき、厚く御礼申し上げます。
 
故人は○月○日○時○分、○○病院にて当年○歳を持ちまして永眠いたしました。

生前に故人に賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに、残されました私達遺族にも故人同様のお力添えを
 
お願い申し上げして、簡単ではございますがごあいさつに代えさせていただきます。
 
本日は誠にありがとうございました。
 

葬儀・告別式での挨拶

葬儀・告別式での挨拶
 
一般的な喪主の挨拶(例1)
遺族を代表いたしまして、皆さまにひとことご挨拶を申し上げます。
 
本日は、ご多用にもかかわらず、ご会葬・ご焼香を賜り誠にありがとうございました。
 
お陰をもちまして葬儀・告別式も滞りなく相すみ、これより出棺の運びとなりました。
 
生前はひとかたならぬご厚誼にあずかり、今ここに最後のお見送りまでいただきまして、故人もさぞかし皆さまの
 
ご厚情を感謝いたしているここと存じます。
 
なお、残されました○○と○○に対しましても今後とも亡き○○の生前と同様にご指導を賜りますよ
 
お願い申し上げまして、お礼のご挨拶とさせていただきます。
 
一般的な喪主の挨拶(例2)
皆様、本日はご多用中にもかかわらず、故○○の葬儀にご会葬くださいまして、誠にありがとうございました。 
 
私は故人の(妻、長男、)の○○でございます。
 
亡き父は生前より皆様にひとかたならぬご厚情をいただいておりましたが、葬儀に当たりましても、このように
 
大勢の方にお見送りいただき、さぞかし喜んでいることと存じます。
 
定年後は趣味の絵画に旅行にと、好きなことをして暮らしておりました。
 
悔いのない一生であったと思います。
 
皆様には○○亡き後も故人同様のご厚誼を賜りますようお願い申し上げます。
 
本日は誠にありがとうございました。
 
喪主別の参考文例
上記の一般挨拶文に下記を例文を参考にアレンジしてください。
 
●喪主が妻の場合
・○○は○月○日に予期せず○○○○○急に亡くなりました。本当に突然のことでまだ信じられません。
・○月○日突然容態が悪くなり手当の甲斐なく○月○日○時○分息を引き取りました。
・○○は良き夫・父として私たち家族とともに過ごしてくれました。
・これからの人生、○○との思い出を胸に、残された家族で支え合い生きていきたいと思います。
 
●喪主が夫の場合
・妻は享年○○歳。わがままな私に○○年間もよく支えてくれました。
・私どもが結婚いたしましてから○○年、○人の子もやっと私共の手を離れ、妻もこれからは好きなことをして暮らすと楽しみにしていた矢先の出来事でした。
・家庭をしっかりと守り、良き妻・母として家族の中心的存在でした。
・家族にとって太陽のような○○を失った今、どれほど家族が○○のお陰で幸せな日々を過ごすことができたかをつくづくと実感しております。
 
●喪主が子の場合
・父は勤勉実直な人で、少しの時間もじっとしておれない性格でございました。
・○○生まれの父は、家督(かとく)をゆずりまして以来○○年、悠々自適(ゆうゆうじてき)のうちに
過ごしておりましたが、昨日明け方、○○病院で眠るがごとく、○○歳の生涯を閉じました。
・本日このように多くの方々が父とのお別れにお集まりいただきましたことで、父を少し理解できたような気持ちがいたします。
 
 
遺族代表の挨拶

遺族ならびに親族を代表いたしまして、皆さまにひと言ご挨拶を申し上げます。

本日はご多用にもかかわらず、故○○○○の告別式にご会葬くださいまして、厚くお礼申し上げます。

 

また、出棺までお見送りいただき、故人もさぞかし感謝していることと思います。

故人の生前中は、皆さまにひとかたならぬお世話になり、そのご恩返しもできないまま、

 

この日を迎えましたことは、故人にとりましても誠に残念であったと思います。

残されました家族に対しましても、今後とも故人の生前と変わりなきご指導・ご鞭撻を賜りますよう

 

お願いいたします。

本日は、誠にありがとうございました。

 
葬儀委員長の挨拶
葬儀委員長といたしまして、一言ごあいさつを申し述べさせていただきます。
 
ご会葬の皆様、本日はご多用中にもかかわらず、多数ご会葬くださいまして誠にありがとうございました。
 
おかげさまをもちまして、株式会社○○、常務取締役故○○殿の社葬ならびに告別式は滞りなく終了いたしました。
 
ご遺族に代わりまして厚く御礼申し上げます。
 
○○常務は本年初春よりご自宅で療養中でございましたが、今月○日の午後○時○分、○歳の生涯を閉じられました。
 
思えば、○○常務は今から○年前、前会長とともに株式会社○○を興され、今日までの繁栄に導いた功労者で
 
ございます。
 
私どもはかけがえのない大切な方を失ったものと考えており、まことに残念でございます。
 
以後は私ども社員一同、常務の意志を受け継ぎ、社をいっそう発展させていく覚悟でございます。
 
どうぞ今後とも変わらぬご協力、お引き立てをお願い申し上げます。
 
最後に、ご遺族に対しましても、故人同様のご厚意を賜りますようお願い申し上げまして、
 
ご挨拶を終わらせていただきます。本日は誠にありがとうございました。
 

精進落としでの挨拶

精進落としでの挨拶
 
喪主の挨拶

皆さま、本日は最後まで故人をお見送りいただき誠にありがとうございました。

 

お陰さまで、葬儀を無事に終えることができました。

 

これもひとえに皆さまのご厚意とお力添えのお陰でございます。

誠にささやかではございますが、心ばかりのお食事をご用意いたしました。

 

故人との思い出話などをしながら、ゆっくりとお過ごしいただきたいと存じます。

本日は、ありがとうございました。

 
献杯の挨拶
※法要などのお席では、<乾杯(かんぱい)>の言葉は使わず、<献杯(けんぱい)>が一般的に使われます。
 
皆さま、お手元のグラスをお持ちください。
私○○が、献杯の音頭を発声させていただきます。
 
・・・故人の思い出やエピソードなどがあれば、簡単に紹介する。・・・
 
故○○様の安らかなご冥福と皆様のご健勝を祈念いたしまして、献杯!ありがとうございました。
<<株式会社 オームラ>> 〒918-8004 福井県福井市西木田3丁目4番33号 TEL:0776-35-1253 FAX:0776-35-1273